12.11.2014

金沢個展 会場風景

あっという間に12月ですね。
怒涛の11月も終わり、やっと落ち着いてきたので金沢のご報告です。

ランプシェードは白飛びしてなかなか撮るのが難しいので今回はボトルを中心に会場の雰囲気が伝わればと。

niguramuさんは印象的な窓ガラスの古い木造家屋をうまくお店にされてます。



新作のボトルシリーズ。

好きなキャップを合わせていろんなシーンに。
醤油差し用も作りましたが、今回のボトルはどちらかというと一輪挿しやオイル系かな?
お酢を入れたいという方もいらっしゃいました。調理用というよりテーブル用ですね。

オイルランプとしても使えます。
安全性の高いパラフィン系オイルがおすすめで、フレグランスオイルを数滴加えればアロマ効果も得られます。


定番のfin cup。
あらためて和でも洋でも合いますね。ガラスのラインと呼応してます。



こちらも新作のプレートです。
鋳込みならではの外側の意匠が内側に反映される特徴を活かしてみました。

このお皿はかなり難易度が高いので次の新作ができるまでの期間限定になりそうです。と言っても次のお皿が簡単になるわけではなく、このお皿から得た教訓を活かしてブラッシュアップしていく感じです。



そんなこんなで金沢はもう雪化粧のようですが、2週間大変お世話になりました!
niguramuさんでは引き続きWebショップでもお取り扱いして頂けることとなりました。
みなさんも覗いてみてください。

いろんな日用品が揃っていて楽しい買い物になるはずです。

九谷焼の絵付けする前のプレーン皿なんかはここでしか手に入りませんよー
とても素敵だったのでうちでも使ってます。